2019/09/12

GitHub Actionsの使い方まとめ

9月上旬にGitHubから「You're in! Get started with GitHub Actions beta」というメールが届いた。どうやら以前した利用申請が通り、個人アカウントでGitHub Actionsのベータ版が利用できるようになったらしい。

ちょうどJSライブラリを開発していたので、そのリポジトリでGitHub Actionsを使ってCI(継続的インテグレーション)の設定をしてみたので、その使い方や解説をする。


GitHub Actionsとは


一言でいうと、GitHub上で完結するCI/CDサービス。
いままでCircleCIやTravisCI、Drone CIなど外部のサービスを使っていたところを、GitHub上で実行できるサービスだ。

昔はTerraformなどで使われているHCL(HashiCorp Configration Language)を用いて設定ファイルを書いていたらしいが、2019年9月30日に廃止されYAML構文に一本化される。そのため、CircleCIやTravisCIなどからも比較的簡単に移行することができる。

詳しくは公式ドキュメント参照。
▶ GitHub Actionsについて - GitHub ヘルプ

2019/09/10

TypeScriptの似ているようで違うvoid/never型とany/unknown型の比較

TypeScriptは業務で使っているが、脳内バージョンは2.x系で最新情報を追ってこなかった。その弊害として、never型とunknown型の意味がわからず、void/anyと何が違うの?状態だった。

そこで当記事ではvoidとnever、anyとunknownのそれぞれの型の特徴を一言、二言で表し比較する。

2019/08/19

情報特化型ツイートがフォロワー数に及ぼす影響と共感型ツイートの展望

概要


夏休みの自由研究として本研究を行った。
先行研究(※1)よりTwitterのフォロワー数を増やす初期段階は、ユーザーに価値(情報)を提供するツイート(以下、「Information特化型ツイート」という)が効果的だと言われている。本研究では、2019年8月12日〜15日の4日間、Information特化型ツイートをすることでフォロワー数がどれくらい増加するか実験を行った。


第1章 はじめに

1.1. 研究背景

「何者かになりたい!」誰もが一度は考えたことがあるだろう。SNS映えやバイトテロ、炎上商法と呼ばれるSNS上で注目を浴びるための行動からも言えるように、自己顕示欲は暴走しやすい側面を持っており問題視されている。
たしかにこれらの行為は一時的に注目を浴びることができるかもしれないが、「炎上行為をした」という印象を変えるのは困難だ。そこで本研究ではSNS上で正攻法で信頼を勝ち取りつつ、影響力を高めフォロワー数を増やすにはInformation特化型ツイートは有用かを検証した。